企画展「肥前の古武道」
 当講座は、平成20年10月19日(日曜日)に、約120名方にご参加いただき、大盛況のうちに終了しました。
 タイ捨流の「タイ」は何故カタカナなのでしょうか。体捨も待捨も太捨も、漢字で表記すれば体や待や太を捨てるだけのことで、それでは心狭く、心もとない。それよりも剣の極意は真実「すべてを捨てて、刀身一本に絞ること」故にタイと仮名で表記します。
 また、タイ捨流は主に、中級・下級の武士の間で広まったといわれていますが、葉隠の口述者である山本常朝も指南を受けたそうです。
 講演の一部をご紹介しましたが、非常に興味深いものでした。参加者からは具体的な質問がでるなど、タイ捨流への関心の高さがうかがえました。
 以下は、講座内容について、紹介しています。

 佐賀県立図書館では、これまでに収集・保存を行ってきた郷土に関する歴史資料を紹介するために、「図書館先進県づくり」の一環として10月17日から佐賀城本丸歴史館において、企画展「肥前の古武道」を開催しました。
 この企画展にあわせ、古武道の魅力を伝えるため、肥前の古武道に造詣の深い専門家を招き、その歴史や特徴を紹介する「郷土文化講座」を下記のとおり開催しました。
 肥前佐賀藩は、「文武(ぶんぶ)課業法(かぎょうほう)」を定めて文武両道を尊重しており、戦場での実戦的な技を身に付けるために「古武道」が盛んでした。
 郷土文化講座では、十代藩主鍋島直正が入門していた「タイ捨流(しゃりゅう)」に関する講演や、タイ捨流13代宗家の山北師範による演武の実技、高校剣道部生徒への指導も行いました。

記 

1 日時  平成20年10月19日(日曜日)
       13時30分〜16時30分


2 会場  佐賀城本丸歴史館 一之間 及び 御庭
       (佐賀市城内2−18−1) 


3 内容

(1)講演

・13時40分〜15時00分 ※質疑応答15時00分〜15時15分
・演題:「肥前の古武道〜丸目蔵人(まるめくらんど)と肥前におけるタイ捨流〜」
・講師:元熊本県錦町教育委員長 渋谷(しぶや) (あつし) 氏
・内容:タイ捨流剣術の概要と創始者の丸目蔵人について、さらに晩年に丸目が肥前を訪れて伝授したタイ捨流が、どのように栄えたかを分かりやすく解説していただきました。 

≪講師プロフィール≫
渋谷 敦(しぶや・あつし、大正13年、熊本県球磨郡生まれ)。熊本県下の高校教師を退職後、球磨郡錦町の教育委員長や文化協会長などを務めた。著書の「青雲遥かなり」は、第18回熊日出版文化賞を受賞、「積乱雲」はTKU(テレビ熊本)で映画化された。平成18年度に熊本県芸術功労者賞を受賞。
【参考】渋谷敦著書『剣豪 丸目(まるめ)蔵人(くらんどの)(すけ)』(熊本日日新聞社、2007)


(2)演武「タイ捨流剣術の奥義」

・15時25分〜15時45分
・講師:十三代宗家 山北(やまきた)(たけ)(のり) 氏 、木野(きの)敬夫(たかお)
・内容:古武道独特の動きをもつタイ捨流の「型」の中から4種類について、丸目蔵人佐から数えて13代目にあたる山北竹任氏に披露していただきました。 

≪講師プロフィール≫
山北竹任(やまきた・たけのり、昭和5年、熊本県人吉市生まれ)。小学校6年生の頃よりタイ捨流の修行を行う。昭和35年に免許皆伝を授けられ、13代宗家を名乗る。平成6年熊本県錦町無形文化財タイ捨流剣法の保持者として認定される。
【参考】財団法人日本武道館編集『月刊 武道』(財団法人日本武道館、2006.11)


(3)講習「タイ捨流剣術指南」

・15時45分〜16時10分 ※質疑応答16時10分〜16時30分
・講師:十三代宗家 山北(やまきた)(たけ)(のり) 氏、木野(きの)敬夫(たかお)
・内容:実戦的なタイ捨流の動きの中から現代の剣道に応用できる技を、佐賀東高校及び佐賀学園高校の剣道部の生徒15名に指導していただきました。
・当日飛び入りで、タイ捨流北陸支部の坂本龍治師範のご参加もあり、熱の入った指導をしていただきました。


4 料金  無料(事前予約の必要はありません)


5 主催  佐賀県立図書館 佐賀城本丸歴史館 


渋谷敦氏の講演

佐賀城本丸歴史館での講演の様子

タイ捨流剣術

タイ捨流剣術

タイ捨流剣術指南
【関連行事】

(1)企画展「肥前の古武道」
・会期:平成20年10月17日(金曜日)〜11月24日(月曜日)〔39日間〕
・時間:9時30分〜18時00分
・会場:佐賀城本丸歴史館 特別展示室(御小(ごこ)書院(しょいん))
・展示内容:古武道、肥前の剣術、その他の古武道に関する古文書等の資料を展示・紹介
           
(2)ギャラリートーク(展示解説)
・日時:平成20年10月25日(土曜日)及び11月3日(月曜日)13時00分〜13時30分
・会場:佐賀城本丸歴史館 御小書院

(3)歴史館ゼミナール
・日時:平成20年11月9日(日曜日)13時30分〜15時00分
・会場:佐賀城本丸歴史館 御座間
・内容:演題  「肥前の古武道〜中野一門と佐賀の諸流派〜」
     (講師:佐賀県立図書館 郷土調査担当 串間聖剛) 

 ※各行事とも、参加料等の料金は無料です。(事前予約の必要はありません)

佐賀県立図書館のトップページへ