おすすめの1さつ

326さんのコメント
326さん写真

326さんプロフィール
1978年佐賀県生まれ。1997年のデビュー以来、イラスト、詩、作詞、作曲、絵本、ゲームのビジュアルプロデューサーなど、幅広いフィールドで創作活動を展開しているポップアーティスト。

おすすめの本

書名しょめい 『ノラネコぐんだんパンこうじょう 』
著者ちょしゃ:工藤ノリコ
出版社しゅっぱんしゃ: 白泉社
内容紹介ないようしょうかい:ワンワンちゃんのパン工場には、
おいしそうなパンがいっぱい。パンを作るところをのぞき見していた
ノラネコ軍団は、夜中に工場に忍び込んで、見よう見まねでパンを作り
はじめたけれど…。

これまでのおすすめのほん

県立図書館けんりつとしょかんのおすすめのほん

おすすめの本

書名しょめい:『水はみどろの宮』
著者ちょしゃ:石牟礼 道子 出版社しゅっぱんしゃ:福音館書店
 瀬渡しの船頭をする爺さまと暮らす7歳のお葉(よう)。爺さまは「人間ちゅうもんは、この川に養われとる」「山があるからこそ川も生まれる。お山は川の、いんや人間の祖(おや)さまじゃ」
と、川を渡る時も山を歩く時もお葉に、話して聞かせます。どこからかやってきてお葉になついている山犬のらん、山の奥深くで見た神様のおんなはる白藤の木、位の高い白狐「ごんの守(かみ)」、さまざまな出会いと体験で、いつしかお葉は山の声が聞こえるようになります。
 作者が「今の子ども達に自然の声を聴き感じ、それを未来に送り続けてほしい」という思いから書いた物語です。
 今私たちは、吹く風・流れる水・草のささやきをどれだけ感じられるでしょう?物語の中に出てくる四季折々の植物。それを慈しむお葉と爺さまの姿に、自然を敬うことの大切さに気付かされます。



これまでのおすすめのほん