平成24年度 古文書講座(入門・応用編)を開催しています
〜新しくなった講座でくずし字と佐賀の歴史を学んでみませんか〜

【お知らせ】募集を締め切りました。
 県立図書館では、古文書が読める人材の育成を目指して、これまで開催していた古文書講座「初級編」「中級編」の名称を「入門編」「応用編」と改め、下記のとおり、内容や開催回数を大幅にリニューアルしました。
 初めて古文書を読む方のための「入門編」は、年度内に同じ内容の講座を3回(第1、2、3期)開催することで、より多くの皆様が古文書の基礎知識を学べるようになりました。
 また、古文書を読む力を伸ばすための「応用編」では、時代や内容が異なる4つのコースを新たに設け、佐賀の古文書に詳しい講師が、それぞれのコースを担当します。
 どちらの講座も佐賀に関する古文書をテキストとしていますので、「くずし字」の読み方とともに、郷土の歴史や文化についても楽しく学ぶことができます。
 多く皆様のご応募をお待ちしています。

1 古文書講座(入門編)について(第1期)

  初めて古文書を読む方が対象です。くずし字の初歩的な読み方や、古文書を読むために必要な基礎知識を学びます。
(1)開催日 5・6月第1〜4土曜日、7月第1〜2土曜日
       (5月5、12、19、26日、6月2、9、16、23日、7月7、14日の全10回)
(2)講師 県立図書館の職員
(3)時間 10時〜11時30分
(4)場所 県立図書館1階 大会議室(佐賀市城内2-1-41)
(5)定員 40名(※先着順)
 ※第2期(8月スタート)と第3期(11月スタート)の受講者募集については、後日お知らせします。

2 古文書講座(応用編)について(4コース制)

 当館が昨年度まで開催した古文書講座(初級編)を終了した方、又は古文書の読解の基礎知識があり、今後も学習を続けたい方が対象です。古文書を多読することで、くずし字の読み方のコツや応用について実践的に学びます。

(1)各コースの内容
○コース1「古文書から見る佐賀藩財政」
・開催日 5月〜平成25年2月の第1土曜日
(5月5日、6月2日、7月7日、8月4日、9月1日、10月6日、11月3日、12月1日、1月5日、2月2日の全10回)
・講師  伊藤昭弘氏(佐賀大学地域学歴史文化研究センター准教授)

○コース2「古文書でたどる佐賀1000年の歴史」
・開催日 5月〜平成25年2月の第2土曜日
(5月12日、6月9日、7月14日、8月11日、9月8日、10月13日、11月10日、12月8日、1月12日、2月9日の全10回)
・講師  大園隆二郎氏(元県立図書館近世資料編さん室長)

 ○コース3「『佐賀須古屋敷日記』を読む」
・開催日 5月〜平成25年2月の第3土曜日
(5月19日、6月16日、7月21日、8月18日、9月15日、10月20日、11月17日、12月15日、1月19日、2月16の全10回)
・講師 福田春次氏(多久古文書の村村民)

 ○コース4「古文書で読む佐賀藩の極秘海外情報」
・開催日 5月〜平成25年2月の第4土曜日
(5月26日、6月23日、7月28日、8月25日、9月22日、10月27日、11月24日、12月22日、1月26日、2月23日の全10回)
・講師 片倉日龍雄氏(幕末佐賀研究会会員)

(2)時間  13時30分〜15時
(3)場所  県立図書館1階 大会議室(佐賀市城内2-1-41)
(4)定員  各コース20名ずつ(※先着順。定員内であれば複数のコースが受講できます。)

3 参加費  無料

4 申込期間  4月10日(火曜日)9時〜4月24日(火曜日)20時※募集を締め切りました
         (※但し持参と電話の場合は、開館時間内(9時〜20時)の受付となります。)

5 申込方法
 申込書(別添参照)に必要事項を記入の上、総合カウンターへ提出するか、ファックス、電子メール、電話で申し込みください。後日、受領の確認と結果をお知らせします。

<申込書について>
申込書はこちら (Word形式;28KB)
 申込書は当館の郷土資料室に設置しています。
 なお、申込の際にお預かりした個人情報は、古文書講座のためにのみ使用します。

6 申込・問い合わせ先 
  県立図書館資料課 郷土調査担当
  電話:0952-24-2900
  ファックス:0952-25-7049
  電子メール:saga-kentosyo@pref.saga.lg.jp

佐賀県立図書館のトップページへ