平成20年度 郷土研究講座「伊東次兵衛の出張日記が語るもの」


今年度の郷土研究講座は終了しました。
6回の講座に計304名の方にご参加いただきました。ありがとうございました。

アンケートによると、「幕末の佐賀藩の様子が詳しく説明され、おもしろくもあり勉強になりました」、
日記に基づいての講話は、当時の社会の動きを実態でき非常に良かった」、「先生のお人柄故に
講座を楽しめました」といった感想が寄せられました。

1

内容

幕末期に佐賀藩の対外交渉の第一線に立ち、長崎・大阪・京都・江戸へと出張を重ねた伊東次兵衛の出張日記を読み解き、これまで明かされてこなかった幕末佐賀を中心とした歴史についてわかりやすく紹介する連続講座。

「幕末伊東次兵衛出張日記」は平成203月に『佐賀県近世史料』第5編第1巻に収録されています。『佐賀県近世史料』第5編第1巻詳細については「佐賀県立図書館だよりーくすかぜー」2008年冬号(第512号)をご覧ください。

くすかぜ2008年冬号

2

演題

「幕末伊東次兵衛の出張日記が語るもの」

3

講師

近世史研究家 小宮睦之さん

4

開催日

平成20412日土曜日、19日土曜日、26日土曜日
5
10日土曜日、17日土曜日、24日土曜日 合計6

5

時間

受付:13時から
講演:13時半から15

6

会場

県立図書館会議室(佐賀市城内2丁目141号)

7

その他

・対象は県民一般で定員は50名程度です。
・受講料は無料です。随時、申込みを受け付けています。
・県立図書館の駐車場は駐車台数に限りがあるため、県庁来訪者用駐車場をご利用ください。

                   佐賀県立図書館のトップページへ