新着図書から佐賀に関する本のご紹介

(平成27年2月17日掲載)
貸出と予約の開始は
2月17日(火曜日)、インターネット予約の開始は2月24日(火曜日)です
『海の国の記憶五島列島』
杉山 正明/著 
平凡社 刊
 モンゴル来襲、秀吉の朝鮮侵攻、幕末に築かれた「最後の城」石田城…。ユーラシア史の専門家が、“日本の西のはし”五島列島とアジアの古代〜近代のあゆみを追い、その知られざる歴史を明らかにする。
 肥前や名護屋城の掲載あり。
請求番号:219.3/ Su,49
『オールカラーでわかりやすい!  戦国史』
菊池 正憲/著
西東社 刊
 戦国の世の転換点や有名な合戦、戦国武将のことを、ビジュアルにわかりやすく紹介する。教科書的な事実関係だけでなく、時代をもっと知るための書籍・映画、雑学知識など、いろいろな視点からの情報も満載。
 肥前名護屋城の掲載あり。
請求番号:210.47/ Ki,24
『毎日が楽しくてしょうがなか!』
島田 洋七/文 
徳間書店 刊
 小学校2年生だった俺は、佐賀のばあちゃんと暮らすことになった。ばあちゃんは、貧乏だけどそこぬけに明るくて、がばい(すごい)人だった…。「節約は天才!」「人生は総合力」など、がばいばあちゃんの名言をまとめた絵本。
請求番号:E/ ハタ
バックナンバーはこちら

インターネット予約・貸出についてはこちら

郷土資料室の新着資料一覧

詳細はこちら
郷土資料室の本は貸出を行っておりません。
郷土資料室での閲覧をお願いします。

資料紹介へ戻る

佐賀県立図書館のトップページへ