新着図書から佐賀に関する本のご紹介

(平成27年10月27日掲載)
貸出と予約の開始は
10月27日(火曜日)、インターネット予約の開始は11月3日(火曜日)です
『ビジュアル・コミュニケーション』
限界研/編
南雲堂 刊
 ジブリ、戦後TVCM、監視カメラ、ゲーム実況…。専門を異にする20〜30代の論者が、おもに21世紀以降の「視覚文化visual culture」の諸状況について、多様なテーマから検討した批評アンソロジー。
 著者の武本竜都氏は武雄市出身。
請求番号:778/B,42
『遺言』
酒井田 柿右衛門/著
白水社 刊
 このままでは、日本の伝統工芸は滅びる!有田焼の人間国宝、十四代酒井田柿右衛門が死を目前に遺した、危機を乗り越えるための絞り出すような叫びと提言。人間国宝中島宏、長男十五代による十四代への思いも併載。
請求番号:751.1/Sa,29
『にっぽん神社とお寺の旅』
K&Bパブリッシャーズ編集部/著 
K&Bパブリッシャーズ 刊
 10大絶景寺社を紹介するほか、「水辺の神社」「山頂の神社」「美しい五重塔があるお寺」「庭を眺めたいお寺」などのテーマ別に日本の寺社仏閣をガイドする。神社とお寺の基本も解説。
 祐徳稲荷神社、宝当神社の掲載あり。 
請求番号:175.9/ N,77
バックナンバーはこちら

インターネット予約・貸出についてはこちら

郷土資料室の新着資料一覧

詳細はこちら
郷土資料室の本は貸出を行っておりません。
郷土資料室での閲覧をお願いします。

資料紹介へ戻る

佐賀県立図書館のトップページへ