佐賀が生んだ時代小説家 滝口康彦氏の作品等を展示します

 滝口康彦氏(1924〜2004年)は、生涯の殆どを多久市で過ごし、直木賞受賞作家である古川薫氏、白石一郎氏とともに、「西国(九州)三人衆」と呼ばれて活躍した時代小説家です。
 滝口氏は、生涯のうちに長・短編合わせて100編以上もの作品を発表し、「直木賞」候補も6度を誇ります。
 滝口作品の傑作の一つである「異聞浪人記」は、1962年公開の『切腹』(小林正樹監督/仲代達矢主演)、そして本年公開の『一命』(三池崇史監督/市川海老蔵主演)の原作として2度も映画化され、どちらもカンヌ国際映画祭で高い評価を受けるなど、国内外で脚光を浴びています。
 このたび、県立図書館では、佐賀が生んだ時代小説家 滝口康彦氏を広く皆さんに知っていただくため、当館が所蔵する滝口作品等の展示を行います。特に、近年では新刊書籍として入手が難しくなりつつある滝口作品のほか、滝口康彦氏の御遺族の御厚意により、「拝領妻始末はいりょうづましまつ」の草稿(複製物)や、遺品(愛用の万年筆・眼鏡)の写真等も展示します。
 ぜひ、県立図書館に足をお運びいただき、佐賀が生んだ時代小説家 滝口康彦氏の世界を味わってください。  
 
 また、映画「一命」オリジナルポスター(非売品)のプレゼントも行います。たくさんのご応募をお待ちしております。⇒応募は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。
オリジナルポスターの応募はこちら
 なお、「異聞浪人記」の主人公が安芸(広島)藩主の家臣だったことから、広島県立図書館におかれても、連携企画として、江戸時代初期の安芸藩主に関する図書資料等の展示が行われます。(概要は参考2をご覧ください。)
参考2はこちら


写真

滝口康彦氏 映画「一命」
滝口康彦氏

映画「一命」より c)2011 映画「一命」製作委員会


1 期間

平成23年9月1日(木曜日)〜10月25日(火曜日)(なお、9月28日(水)〜10月4日(火)は休館です。)

2 展示名 

 「佐賀が生んだ作家 滝口康彦 〜映画『一命』公開記念〜」

3 場所

県立図書館1階 展示ホール

 4 展示内容 

(1)当館所蔵の滝口康彦作品
  (「西国三人衆」の古川薫・白石一郎両氏の作品も展示します。)
(2)滝口康彦氏の直筆サイン入り本(「異聞浪人記」)
(3)「異聞浪人記」の全文掲示
(4)「拝領妻始末」草稿(複製物)
(5)遺品(愛用の万年筆・眼鏡)の写真
(6)映画「一命」の宣伝用ポスター、チラシ
(7)広島県の歴史及び観光に関する図書資料等 

「拝領妻始末」の草稿と愛用の万年筆・眼鏡
※「拝領妻始末」の草稿と愛用の万年筆・眼鏡(遺品は全て複製物・写真での展示)

映画「一命」オリジナルポスター(非売品)のプレゼント

⇒応募は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

 映画「一命」の劇場公開前の宣伝用オリジナルポスターを、松竹株式会社様のご厚意によりいただきました。佐賀県立図書館では、滝口康彦氏と映画「一命」に関する企画展示の開催を記念し、ご応募いただいた方の中から抽選で2名様にこのポスターをプレゼントします。

プレゼント内容

  • 津雲半四郎ポスター 1部(市川海老蔵) サイズ=縦103cm×横73cm
  • 千々岩求女ポスター 1部(瑛太)      サイズ=縦103cm×横73cm

対象者

佐賀県内にお住まい、または通勤・通学されている個人の方

応募方法

応募用紙に必要事項及びクイズの答えを記載のうえ、御応募ください。
応募用紙(PDFファイル:49KB)
応募用紙(WORDファイル:61KB)
応募用紙(テキストファイル:2KB)

 【持参の場合】

 佐賀県佐賀市城内二丁目1-41  佐賀県立図書館2階 総合カウンター
 応募締切:平成23年10月7日(金) 20時まで

 【郵送の場合】

 〒840−0041 佐賀県佐賀市城内二丁目1-41 佐賀県立図書館 企画課 企画・広報担当 あて
  応募締切:平成23年10月7日(金) 当日消印有効

 【FAXの場合】

  FAX番号:0952-25-7049 、 佐賀県立図書館 企画課 企画・広報担当 あて
  応募締切:平成23年10月7日(金) 20時まで

 【Eメールの場合】

   メールアドレス saga-kentosyo@pref.saga.lg.jp 、佐賀県立図書館 企画課 企画・広報担当あて
  応募締切:平成23年10月7日(金) 20時まで
  ※WORDファイルかテキストファイルの応募用紙を添付ください。

注意事項

  • プレゼントするポスターごとに、お一人様につき1回のみ応募できます。
  • このポスターは転売することができませんので、応募の際に転売しない旨の誓約をしていただきます。
  • すべてのクイズに正解された方の中から、厳正な抽選のうえ、当選者を決定し、ポスターを発送します。なお、当選者発表は発送により代えさせていただきます。
  • 応募者の個人情報は、当選された場合のポスターの発送以外の目的では使用しません。

問い合わせ先

佐賀県立図書館 企画課 企画・広報担当 
電話番号:0952-24-2900  FAX:0952-25-7049

参考1 滝口康彦氏のプロフィール

 1924年佐世保市生まれ。1933年佐賀県多久市へ移る。1938年北多久尋常高等小学校卒業。炭鉱勤務等を経て小説やラジオドラマの懸賞に応募。佐賀をはじめ、九州の歴史に多く題材を取り、「武士の世界」の光と陰、理想と現実の間で生まれる人々の悲哀を一貫して描き続けた。1957年、商業誌デビュー作「高柳父子」が直木賞候補となり、翌年、「異聞浪人記」が第54回サンデー毎日大衆文芸賞を受賞。
 直木賞候補になった作品は、「高柳父子」「かげろう記」「霧の底から」「仲秋十五日」「日向延岡のぼり猿」「主家滅ぶべし」。
 その他、代表作として「落日の鷹」「薩摩軍法」「葉隠無残」「乱離の風」「権謀の裏」などがある。2004年、80才で逝去。
(参考文献『滝口康彦の世界』『清新な光景の軌跡−西日本戦後文学史−』『一命』)

参考2 広島県立図書館の展示概要

(1)期間 平成23年9月6日(火曜日)〜10月23日(日曜日)
(2)展示名 「江戸のはじめの広島」
(3)場所 広島県立図書館(広島市中区千田町3-7-47)
(4)展示内容 

 ・江戸時代初期の藩主、福島・浅野・水野氏の関係図書
 ・滝口康彦作品等

佐賀県立図書館のトップページへ