本文へジャンプ ここから本文です

資料詳細

書名の上に、アイコンが表示されている場合があります。新着資料は新着資料、利用が多い資料は利用が多い資料です。
【著者】をクリックすると選択した著者で再検索を行います。


資料詳細

   

タイトル

明王太郎日記  上

副書名

堂宮大工が見た幕末維新

著者

[手中明王太郎景元 /著], 手中 正 /編著, 小沢 朝江 /編著  

著者紹介

文政2~明治39年。鎌倉郡平戸村生まれ。堂宮大工を天職とし、寺や神社の神殿堂宇の普請造営を行った。特に安政2年に焼失した大山寺の再建・造営に心血を注いだ。

出版者

東海大学出版部

出版年

2017.8

ページ数

21,428p

大きさ

27cm

内容紹介

相模国の大山寺の堂宮大工として知られていた手中明王太郎景元が書き記した日記の翻刻。大工棟梁としての仕事、日常生活や周囲の社会の出来事、風聞などが記録されている。上は、嘉永年間から明治2年までを載録。

一般件名

日本-歴史-幕末期-史料 , 日本-歴史-明治時代-史料 , 宮大工  

NDC分類(9版)

210.58

ISBN

4-486-02073-8

本体価格

¥7500

所蔵

所蔵件数は 1 件です。

現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館

所蔵場所

請求記号

資料コード

資料区分

帯出区分

状態

県立(本館) 公開閲覧  / 210.58/ TE35/ 1 115850646 一般図書 利用可 在架

所蔵場所が「大和書庫」の本については、遠方に保管しているため、
お取り寄せに10日程度かかる場合がありますので、ご了承ください。
(貸出中の場合は、返却後となります。)
なお、「大和書庫」の本は、あらかじめ予約をお願いいたします。

ページの先頭へ