本文へジャンプ ここから本文です

資料詳細

書名の上に、アイコンが表示されている場合があります。新着資料は新着資料、利用が多い資料は利用が多い資料です。
【著者】をクリックすると選択した著者で再検索を行います。


資料詳細

   

タイトル

リベラルの自滅 

叢書名

「日本再発見」講座

著者

馬渕 睦夫 /著  

著者紹介

1946年京都府生まれ。イギリス・ケンブリッジ大学経済学部卒業。吉備国際大学客員教授。元駐ウクライナ兼モルドバ大使。元防衛大学校教授。著書に「グローバリズムの終焉」など。

出版者

ベストセラーズ

出版年

2017.11

ページ数

227p

大きさ

19cm

内容紹介

リベラルな国際秩序は暴走を起こし、世界中にテロや紛争をはじめとする深刻な問題を生むに至った。リベラルの呪縛を払拭し、自らの属する共同体によって育まれてきた共同体倫理意識を回復する必要性を説く。

NDC分類(9版)

304

ISBN

4-584-13820-5

本体価格

¥1200

所蔵

所蔵件数は 1 件です。

現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館

所蔵場所

請求記号

資料コード

資料区分

帯出区分

状態

県立(本館) 公開閲覧  / 304/ MA12/   115796849 一般図書 利用可 在架

所蔵場所が「大和書庫」の本については、遠方に保管しているため、
お取り寄せに10日程度かかる場合がありますので、ご了承ください。
(貸出中の場合は、返却後となります。)
なお、「大和書庫」の本は、あらかじめ予約をお願いいたします。

ページの先頭へ