本文へジャンプ ここから本文です

資料詳細

書名の上に、アイコンが表示されている場合があります。新着資料は新着資料、利用が多い資料は利用が多い資料です。
【著者】をクリックすると選択した著者で再検索を行います。


資料詳細

   

タイトル

東アジア家族法における当事者間の合意を考える 

副書名

歴史的背景から子の最善の利益をめざす家事調停まで

叢書名

学習院大学東洋文化研究叢書

著者

稲田 龍樹 /編著  

出版者

勁草書房

出版年

2017.10

ページ数

7,264p

大きさ

21cm

内容紹介

東アジア家事調停制度では合意を中核とする協議による紛争解決がなされている。離婚紛争で合意に至る協議のプロセスを、「子の最善の利益」に焦点を当て解明する。

一般件名

家族法 , 民法-アジア(東部)  

NDC分類(9版)

324.92

ISBN

4-326-40343-1

本体価格

¥3500

所蔵

所蔵件数は 1 件です。

現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館

所蔵場所

請求記号

資料コード

資料区分

帯出区分

状態

県立(本館) 公開閲覧  / 324.9/ I51/   115796617 一般図書 利用可 在架

所蔵場所が「大和書庫」の本については、遠方に保管しているため、
お取り寄せに10日程度かかる場合がありますので、ご了承ください。
(貸出中の場合は、返却後となります。)
なお、「大和書庫」の本は、あらかじめ予約をお願いいたします。

ページの先頭へ