本文へジャンプ ここから本文です

資料詳細

書名の上に、アイコンが表示されている場合があります。新着資料は新着資料、利用が多い資料は利用が多い資料です。
【著者】をクリックすると選択した著者で再検索を行います。


資料詳細

   

タイトル

ガバナンスとリスクの社会理論 

副書名

機能分化論の視座から

著者

正村 俊之 /編著  

著者紹介

1953年生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。大妻女子大学社会情報学部教授、東北大学名誉教授。著書に「情報空間論」「変貌する資本主義」ほか。

出版者

勁草書房

出版年

2017.11

ページ数

3,180p

大きさ

22cm

内容紹介

「ガバメントからガバナンスへの転換」「産業社会からリスク社会への転換」が起こり、近代社会と現代社会の歴史的分水嶺となった1970年代前後。1970年代以降の現代社会の変容を踏まえてガバナンスとリスクを検討する。

一般件名

社会学 , リスク  

NDC分類(9版)

361.04

ISBN

4-326-60299-5

本体価格

¥3500

所蔵

所蔵件数は 1 件です。

現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館

所蔵場所

請求記号

資料コード

資料区分

帯出区分

状態

県立(本館) 公開閲覧  / 361/ MA62/   115841744 一般図書 利用可 在架

所蔵場所が「大和書庫」の本については、遠方に保管しているため、
お取り寄せに10日程度かかる場合がありますので、ご了承ください。
(貸出中の場合は、返却後となります。)
なお、「大和書庫」の本は、あらかじめ予約をお願いいたします。

ページの先頭へ