本文へジャンプ ここから本文です

資料詳細

書名の上に、アイコンが表示されている場合があります。新着資料は新着資料、利用が多い資料は利用が多い資料です。
【著者】をクリックすると選択した著者で再検索を行います。


資料詳細

   

タイトル

岩瀬忠震 

副書名

五州何ぞ遠しと謂わん

叢書名

ミネルヴァ日本評伝選

著者

小野寺 龍太 /著  

著者紹介

1945年生まれ。九州大学大学院工学研究科博士後期課程単位取得退学。同大学名誉教授。工学博士。日本近代史、特に幕末期の幕臣の事跡を調べている。著書に「古賀謹一郎」「栗本鋤雲」など。

出版者

ミネルヴァ書房

出版年

2018.1

ページ数

15,337,6p

大きさ

20cm

内容紹介

幕末の幕臣・外交官であった岩瀬忠震は、ハリスと談判して日米通商条約を作り上げ、井伊直弼の慎重論を押し切って独断調印した。「不平等条約」締結の真意とは何か。漢詩・和歌・絵画にも堪能だった開国の立役者の素顔に迫る。

NDC分類(9版)

289.1

ISBN

4-623-08259-9

本体価格

¥4000

所蔵

所蔵件数は 1 件です。

現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館

所蔵場所

請求記号

資料コード

資料区分

帯出区分

状態

県立(本館) 公開閲覧  / 289.1/ I96/   115853418 一般図書 利用可 在架

所蔵場所が「大和書庫」の本については、遠方に保管しているため、
お取り寄せに10日程度かかる場合がありますので、ご了承ください。
(貸出中の場合は、返却後となります。)
なお、「大和書庫」の本は、あらかじめ予約をお願いいたします。

ページの先頭へ