本文へジャンプ ここから本文です

資料詳細

書名の上に、アイコンが表示されている場合があります。新着資料は新着資料、利用が多い資料は利用が多い資料です。
【著者】をクリックすると選択した著者で再検索を行います。


資料詳細

   

タイトル

煙のようになって消えていきたいの 

副書名

高峰秀子が遺した言葉

著者

斎藤 明美 /著  

著者紹介

1956年高知県生まれ。津田塾大学卒業。高校教師、『週刊文春』の記者等を経て、2006年にフリーに。「青々と」で日本海文学大賞奨励賞受賞。09年に松山善三・高峰秀子の養女となる。

出版者

PHP研究所

出版年

2018.2

ページ数

207p

大きさ

19cm

内容紹介

子役から半世紀にわたり日本映画界で活躍した高峰秀子。運命を受け入れつつも、己を貫いた稀代の名女優は、何を思い、何を語ったか。最晩年に寄り添った養女が真の姿を記す。月刊文庫『文蔵』連載に加筆・修正して単行本化。

NDC分類(9版)

778.21

ISBN

4-569-83891-5

本体価格

¥1400

所蔵

所蔵件数は 1 件です。

現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館

所蔵場所

請求記号

資料コード

資料区分

帯出区分

状態

県立(本館) 公開閲覧  / 778.2/ SA25/   115857880 一般図書 利用可 在架

所蔵場所が「大和書庫」の本については、遠方に保管しているため、
お取り寄せに10日程度かかる場合がありますので、ご了承ください。
(貸出中の場合は、返却後となります。)
なお、「大和書庫」の本は、あらかじめ予約をお願いいたします。

ページの先頭へ