本文へジャンプ ここから本文です

資料詳細

書名の上に、アイコンが表示されている場合があります。新着資料は新着資料、利用が多い資料は利用が多い資料です。
【著者】をクリックすると選択した著者で再検索を行います。


資料詳細

   

タイトル

広島電鉄殺人事件 

著者

西村 京太郎 /著  

著者紹介

1930年東京生まれ。「歪んだ朝」でオール讀物推理小説新人賞、「天使の傷痕」で江戸川乱歩賞、「終着駅殺人事件」で日本推理作家協会賞を受賞。

出版者

新潮社

出版年

2018.1

ページ数

184p

大きさ

18cm

内容紹介

ライトレールの制限速度を大きく超過する不祥事を起こした、広島電鉄の運転士が暴漢に襲われた。東京でも同様の事件が。十津川警部は、7年前の長野県渋温泉の殺人事件との繫がりを追う…。『小説新潮』連載を加筆修正。

NDC分類(9版)

913.6

ISBN

4-10-334433-9

本体価格

¥830

所蔵

所蔵件数は 1 件です。

現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館

所蔵場所

請求記号

資料コード

資料区分

帯出区分

状態

県立(本館) 公開閲覧  / F/ N84/   115857898 一般図書 利用可 在架

所蔵場所が「大和書庫」の本については、遠方に保管しているため、
お取り寄せに10日程度かかる場合がありますので、ご了承ください。
(貸出中の場合は、返却後となります。)
なお、「大和書庫」の本は、あらかじめ予約をお願いいたします。

ページの先頭へ