本文へジャンプ ここから本文です

資料詳細

書名の上に、アイコンが表示されている場合があります。新着資料は新着資料、利用が多い資料は利用が多い資料です。
【著者】をクリックすると選択した著者で再検索を行います。


資料詳細

   

タイトル

親鸞と清沢満之 

副書名

真宗教学における覚醒の考究

著者

伊東 恵深 /著  

著者紹介

1977年京都府生まれ。大谷大学大学院博士後期課程修了。博士(文学)。真宗大谷派擬講。専門は真宗学。同朋大学文学部仏教学科准教授。三重県・真宗大谷派西弘寺住職。

出版者

春秋社

出版年

2018.1

ページ数

12,282p

大きさ

20cm

内容紹介

親鸞が開顕し、清沢満之が顕彰した浄土真宗の仏道は、苦悩の現実を生きる現代人に、どのような目覚め(変革)をもたらすのか。真宗教学における覚醒の様相とその内実を推究し、<本願他力>の思想をあらためて尋ね直す。

NDC分類(9版)

188.72

ISBN

4-393-16146-3

本体価格

¥3600

所蔵

所蔵件数は 1 件です。

現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館

所蔵場所

請求記号

資料コード

資料区分

帯出区分

状態

県立(本館) 公開閲覧  / 188.7/ I89/   115857971 一般図書 利用可 在架

所蔵場所が「大和書庫」の本については、遠方に保管しているため、
お取り寄せに10日程度かかる場合がありますので、ご了承ください。
(貸出中の場合は、返却後となります。)
なお、「大和書庫」の本は、あらかじめ予約をお願いいたします。

ページの先頭へ