本文へジャンプ ここから本文です

資料詳細

書名の上に、アイコンが表示されている場合があります。新着資料は新着資料、利用が多い資料は利用が多い資料です。
【著者】をクリックすると選択した著者で再検索を行います。


資料詳細

   

タイトル

黒幕はスターリンだった 

副書名

大東亜戦争にみるコミンテルンの大謀略

著者

落合 道夫 /著  

著者紹介

昭和18年静岡県生まれ。北海道大学、国際基督教大学卒業。近代史研究者。専門分野は日本近現代史(大東亜戦争)、政治思想(国態思想、共産主義、ファシズム)。

出版者

ハート出版

出版年

2018.3

ページ数

278p

大きさ

19cm

内容紹介

近代史の謎がわかる入門書。大東亜戦争時のあらゆる事件を箇条書きで時系列的かつ網羅的に取り上げ、簡潔に解説。その背後にあった想像を絶するほど大胆なスターリンの謀略を傍証する。

一般件名

太平洋戦争(1941~1945) , 世界大戦(第二次) , ロシア-対外関係-歴史  

NDC分類(9版)

210.75

ISBN

4-8024-0053-4

本体価格

¥1600

所蔵

所蔵件数は 1 件です。

現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館

所蔵場所

請求記号

資料コード

資料区分

帯出区分

状態

県立(本館) 公開閲覧  / 210.75/ O15/   115928053 一般図書 利用可 在架

所蔵場所が「大和書庫」の本については、遠方に保管しているため、
お取り寄せに10日程度かかる場合がありますので、ご了承ください。
(貸出中の場合は、返却後となります。)
なお、「大和書庫」の本は、あらかじめ予約をお願いいたします。

ページの先頭へ