県立トップページ > 郷土資料室 
佐賀県立図書館郷土資料室

 佐賀県立図書館は、郷土に受け継がれた貴重な歴史遺産を収集・保存し、一般公開へと取り組んでおり、およそ13万点の郷土に関する資料を所蔵しています。また、設立以来県の歴史書編さん事業の中心的役割を担い、『佐賀県史』、『佐賀県史料集成』、『佐賀県近世史料』などの編さん事業をおこなっています。
 平成19年度からは、郷土資料のデジタル化事業を進め、より広い郷土資料の公開を目指しています。 

 

利用案内

開室時間
  • 午前 9時から午後8時まで
  • マイクロフィルムの利用は午後5時まで(受付は4時30分まで)
休館日毎月最後の水曜日、特別整理期間、年末年始 
資料の閲覧と利用
  1. 郷土資料の探し方
  2. 古文書等の原本閲覧、資料の複写・撮影及び掲載等

  • 古地図、絵図、絵画、絵葉書、古写真、近代地図、字図、米国陸軍撮影空中写真による地形図の原本は、閲覧対象としていません。
  • 資料の保存整備・一時返却・特別貸出のため、閲覧できない資料があります。 詳細はこちら
  • 原本展示等を目的とする特別貸出については、別途お問合せください。
お願い
  • 郷土資料室の資料は、一般貸出を行っていません。
  • 郷土資料室の資料は、郷土資料室でご覧ください。
  • 一般閲覧室の資料や、個人の資料の持ち込みは、ご遠慮ください。
  • 調査研究のために参考図書等を持ち込む際には、カウンターまでお申し出ください。
 

1.資料紹介

 
 

2.郷土資料のデジタル化事業について

3.講座