1.令和4年度佐賀県立図書館 運営方針


(令和4年4月1日)
 佐賀県立図書館は、県の中核図書館として、また、地域の「知の拠点」としての役割を担っている。
 県立図書館では、資料を収集、整理、保存し、利用者に提供するという図書館の目的に加え、自らの資源を活かした事業を実施するとともに、県立図書館として求められている市町立図書館等の支援に取り組むことで、その役割を果たしていく。
 具体的には、新刊全点購入をしている児童図書や所蔵資料全体の約2割にのぼる郷土資料の活用推進、市町立図書館等とのネットワークの強化、さらに約95万点の資料コレクションの情報発信等を積極的に行う等、次の6つの方針を掲げて事業に取り組む。
 

(1) 児童図書の利活用推進の強化

  • 全点購入している新刊児童書を活用した児童図書情報収集・発信
  • 子どもの読書支援サービス強化及びイベント活用による普及促進
  • 児童図書を活用した市町図書館との連携事業の推進
  • 新刊児童書を活用した市町図書館の選書作業の支援強化
 

(2) 郷土資料のブランディング推進

  • 郷土資料のデジタル化公開の推進
  • 貴重な郷土資料の保存、近世資料の編さん及び公開活用の推進
  • 郷土資料を活用した企画展の開催
  • 東京大学等関係機関との連携・共同研究の推進
  • 市町郷土資料の整理・保存への支援推進
  • 県内外にある郷土資料の調査、収集、保存
 

(3) 県内市町図書館等支援・連携の強化

  • 県内図書館等司書のネットワーク強化
  • 県内図書館等司書のスキルアップのための人材育成事業の推進
  • レファレンス研究会及び児童サービス研究会の主導
  • 読書バリアフリー推進計画の実施に伴う研修会開催等による支援
  • 県内図書館等の災害等危機管理時における情報共有の強化
  • 児童図書を活用した市町図書館との連携事業の推進(再掲)
  • 新刊児童書を活用した市町図書館の選書作業の支援強化(再掲)
  • 市町郷土資料の整理・保存への支援推進(再掲)
 

(4) 豊富なコレクションを活用した資料情報の発信強化

  • タイムリーなテーマ展示等による情報発信
  • 地域の博物館・美術館施設等との連携事業の推進
  • 地域の伝統文化等をテーマとした文化情報の発信
  • 地域で活躍する若手アーティスト等とのコラボ事業の実施
  • ソーシャルメディアを含めた複合的で効果的な情報発信

 
 

(5) 利用者に向けた新たなサービスの展開

  • 読書バリアフリー推進計画に基づくサービスの提供と拡充
  • 電子(デジタル)図書の導入とその利用促進 
 

(6) 新しい時代に対応したサービス等の研究

  • 新しい生活様式に対応できる取組の推進
  • 電子図書館及び電子図書館システムの研究