おすすめの1さつ


県立図書館けんりつとしょかんのおすすめのほん

 
小中学生へおすすめ! >> 記事詳細

2022/06/26

児童書おすすめ(6月26日)

| by 図書館管理者


書名しょめい:『ぼくは本を読んでいる。』』

著者ちょしゃ: ひこ・田中/文 


出版社
 しゅっぱんしゃ
:講談社
--------------------------------------------------------------------
 
  みなさんは日々成長しています。例えば難しい漢字が読めるようになる、棚の一番上に手が届く。何かについて「なぜ?」と感じることも成長の証明です。              この本の主人公ルカも、小学五年生になって様々なことに疑問を持つようになりました。そんなルカがある本と出合い、読書のおもしろさを知るお話です。                    本のストーリーを追いながら、ルカにはたくさんの「なぜ?」が生まれます。インターネットや辞書で調べてみたり、家族や友だちとの対話によって、自分なりの答えをひとつひとつみつけていきます。                                            ルカにとっては、それが成長のための大事な過程であり、読書の大きな楽しみとなっていきます。ルカが読んでいる本は、誰でも耳にしたことがある児童文学で、あらすじが結末まで紹介されてしまっています。それでも、楽しそうに本を読んでいるルカの様子に、自分も読んでみようという気持ちになります。本が好きではない人に読んでほしい一冊です。




09:15