おすすめの1さつ

これまでの県立図書館けんりつとしょかんおすすめのほん

 
小中学生へおすすめ! >> 記事詳細

2020/12/15

7月26日のおすすめ

| by 図書館管理者

書名しょめい:『希望の図書館』
著者ちょしゃ:リサ・クライン・ランサム 出版社しゅっぱんしゃ:ポプラ社
--------------------------------------------------------------------
 故郷のアラバマを離れ、父さんと二人でシカゴに引っ越してきたラングストン。大好きな母さんを亡くし、学校では南部の田舎者といじめられていました。 
 そんな時、偶然見つけた図書館。アラバマでは、黒人は図書館に入れてもらえないと教えられていましたが、そこは、だれでも利用できる図書館でした。
 ラングストンにとって図書館は、たったひとつの心が休まる場所になりました。そこで彼は、自分と同じ名前の詩人の本と出合います。その本には、まるで自分の気持ちを表したような、美しい言葉が並んでいました。
 それから、ラングストン自身や彼を取り巻く環境は、大きく変わっていきました。黒人にとってまだまだ差別が残っていた時代、図書館は大きな希望を与えてくれたのです。
 学びの場であり、癒しの場であり、感受性を刺激してくれる場所である図書館。ラングストンのように、夢中になれる何かを探しに、あなたも図書館に出かけてみませんか。



14:55