おすすめの1さつ

これまでの県立図書館けんりつとしょかんおすすめのほん

 
小中学生へおすすめ! >> 記事詳細

2020/12/16

11月22日のおすすめ

| by 図書館管理者

書名しょめい:『熊とにんげん』
著者ちょしゃ:ライナー・チムニク 出版社 しゅっぱんしゃ:徳間書店
--------------------------------------------------------------------
 角笛と鉄のフライパンとまりを七つ。手回しオルガンを背負い、熊の“メドウィーチ”をつれて芸を見せながら村々を旅する“熊おじさん”とよばれる男がいました。
 熊おじさんのとくべつな力は「熊のことばがわかること」「心根のいいこと」「七つのまりでお手玉ができること」。
 彼らはゆったりと、ひと呼吸に3歩の足取りで旅を続けます。
 おじさんにとってメドウィーチは、助け合って生きる相棒でした。やがておじさんの命は尽き、メドウィーチはたった一頭残されます。おじさんがいない世界でメドウィーチはどのように生き続けたのでしょうか。
 旅の途中で出会う様々な風景やおじさんが吹く角笛の、銀(しろがね)の玉をころがすような澄んだ音色、メドウィーチの楽しいダンスを想像しながら読んでみませんか。
 大人になった時にふと思い出してほしい物語です。



11:03