展示内容

展示

【コラボ展示】6月23日から29日は「男女共同参画週間」です

 すべての人が、職場で、学校で、家庭で、それぞれの個性と能力を発揮できる『男女共同参画社会』を実現するためには、県民一人ひとりの取組が必要です。

 国は、「男女共同参画社会基本法」の公布・施行日である平成11年6月23日を踏まえ、毎年6月23日から29日までの1週間を「男女共同参画週間」として、様々な取組みを通じ、男女共同参画基本法の目的や基本理念について理解を深めることを目指しています。
 今年度は「だれもがどれも選べる社会に」というキャッチフレーズのもと、全国で一斉に男女共同参画社会の実現に向けたイベントや広報啓発活動が実施されています。(くわしくは、内閣府男女共同参画局ホームページをご確認ください。)

 県でも、本週間を記念し、男女共同参画社会実現に向けた理解促進のため、以下のとおり事業を実施しますのでお知らせします。

男女共同参画週間記念展
• 展示期間:令和6年5月30日(木曜日)から6月24日(月曜日)
• 展示場所:佐賀県立図書館 1階展示ホール(佐賀市城内二丁目1-41)

男女共同参画週間パネル展
• 展示期間:令和6年6月6日(木曜日)~6月30日(日曜日)
 ※6月3日(月曜日)、6月10日(月曜日)、6月17日(月曜日)、6月24日(月曜日)は休館日です。
• 展示場所:佐賀県立男女共同参画センター(アバンセ) 1階展示ギャラリー・展示コーナー(佐賀市天神三丁目2-11)

展示されている本のリストはこちら

フッ化物洗口なぜしている?

6月4日~6月10日は「歯と口の健康週間」です。

これにちなんで今回は、歯を強くしむし歯を予防するための『フッ化物洗口』について、北口の玄関にて展示しています。


フッ化物とは、歯を強くしむし歯を予防するためのものです。

『フッ化物って何?』
『なぜフッ化物洗口は必要?』
『むし歯予防には歯みがきだけではいけないの?』など、さまざまな疑問はありませんか?


展示を見て【フッ化物洗口をなぜしているのか】【フッ化物はどのような働きをするのか】を知り、この機会に「歯と口の健康」について知識を深めましょう!

展示内容については、健康福祉政策課・健康づくり・歯科保健担当(問合せ先 0952-25-7075)までお尋ねください。

展示されている本のリストはこちら

日記の世界

みなさん、ご存じでしょうか?6月12日は日記の日です。
1942年のその日にユダヤ系ドイツ人の少女アンネ・フランクが日記を書き始めたことにより定められました。
日記は何気ない日常から激動の日々を綴ったものまで書いた人の様子をリアルに感じることができます。
古典から現代、様々な環境、立場から書かれた日記の世界をあなたものぞいてみませんか?

 

展示されている本のリストはこちら

雨の本、父の日

 ”梅雨ってじめじめして、いやだな!”なんて、なんとなく嫌われものの梅雨(雨)の季節。
 でもね、雨って楽しいこともあるのです。本の中で、ワクワク・ドキドキをみつけてみませんか。 

 雨の日の本と一緒に父の日の本も展示してます。

雨の日に関する本のリストはこちら

結果発表! 「あなたにぴったりの物語を見つけよう!こどもの名作探検隊」

4月23日から5月28日まで、読書週間のイベントとして、児童文学の中から司書が選んだおすすめの名作とPOPを展示しました!
展示している本の中で「面白かった・読んでみたい」と思ったものに投票してもらいましたよ!

投票の結果を児童室で展示します(*^-^*)

ぜひ、お越しください♪

 

展示されている本のリストはこちら

日本SF大賞&星雲賞

SF(Science Fiction)は、科学的な空想にもとづいたフィクションの総称です。
日本では戦後、海外のSFの影響やさまざまな社会変化を背景にしながら、独特の空想科学的な作品を、小説・アニメ・特撮などの分野で産み出してきました。
今回の文学賞展示は、「日本SF大賞」と、「星雲賞」の海外部門を中心に集めています。
未来への想像力を刺激する、素敵な作品にふれてみてください。

展示されている本のリストはこちら

佐賀×美術

佐賀では、佐賀県立美術館での展覧会をはじめ、佐賀県美術展覧会の開催、佐賀美術協会 美協展という郷土作家の作品発表・新進の育成等を目的とした100年以上の歴史をもつ総合美術公募展が開かれています。これは全国的に見ても非常に珍しいそうです。
また、数多くの芸術家を輩出した佐賀には、美術文化が根付いています。
ぜひこの機会に佐賀の美術に触れてみてください。

展示されている本のリストはこちら

藤城清治 100年

影絵作家として有名な藤城さんは、今年100歳を迎えられ、今なお、現役の作家として活躍されています。

絵本の挿絵でも有名な藤城さんの作品を児童室にて展示しています。

佐賀の医学

佐賀藩の医学史をひもとくと、嘉永4年(1851年)には医師開業のための試験「医業免札制度」を実施。

また、安政5年(1858年)には医学校・好生館を設立し西洋医学の研鑽に努めるなど、全国でも最先端の取り組みを行っていました。

佐賀の発展は、医学の発展と共にあります。

過去から現在まで、綿々と繋がる医人たちの業績をたどってみませんか。本館2階にて現在、展示を行っております。

ぜひ、お立ち寄りください。

展示されている本のリストはこちら