展示内容

展示

藤城清治 100年

影絵作家として有名な藤城さんは、今年100歳を迎えられ、今なお、現役の作家として活躍されています。

絵本の挿絵でも有名な藤城さんの作品を児童室にて展示しています。

追悼 星野富弘さん、フジコ・ヘミングさん

現在、県立図書館2階展示スペースにて、星野富弘さん、フジコ・ヘミングさんに関連する本の展示を行っております。

星野さんは、部活動指導中の事故で手足の自由を失い、口に筆をくわえ絵画や詩の創作活動を続けた星野富弘さんが、先月28日にお亡くなりになりました。78歳でした。絵と詩が盛り込まれた「詩画」と呼ばれる作品を生み出し、県内でも作品展が開かれました。

フジコ・ヘミングさんは、さまざまな困難に遭いながら挑戦を続けた、ピアニストのフジコ・ヘミングさんが先月21日にお亡くなりになりました。92歳でした。
ファーストアルバム『奇蹟のカンパネラ』は200万枚以上を売り上げる大ヒット。60代の遅咲きのピアニストとして「フジコブーム」が起きました。コンサートで佐賀にも来県されました。

みどりがいっぱい

木々の青葉に木漏れ日がさしこみとても気持ちのいい季節です。
畑ではトマトなどの苗を植えたり、春野菜を収穫しています。庭には色とりどりの花が咲いています。今回はそんなみどりの季節の本を展示しています。

みどりがいっぱいに関する本のリストはこちら

『さがの木の住まいコンクール』

 木がたくさん使われている空間にいると、ほっとしませんか?

 しかも、みなさんの地元、佐賀県産の木材が使われているとなると、なんだか嬉しくなりますよね!

 「県産木材の良さをもっとみなさんに知っていただきたい!」との想いで「さがの木の住まいコンクール」の展示を1階北口で行っています♩

 第9回目の受賞作品の紹介を中心に、木材・木の家づくり・林業にまつわる本もたくさん揃っています!クイズもあるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

 みなさんぜひ見てみてください!

 

 展示されている本のリストはこちら

第77回日本推理作家協会賞

 日本推理作家協会賞は、「その年に発表された推理小説の中で最も優れていたもの」に与えられる文学賞で、〈長編および連作短編集部門〉〈短編部門〉〈評論・研究部門〉〈翻訳部門(試行)〉の四部門で構成され、年に一度、会員の選考により受賞作が決定します。

 今回は、第77回日本推理作家協会賞〈長編および連作短編集部門〉の候補作と各候補者の著作、および過去10年の受賞作等を展示しています。

 

  

     

 展示されている本のリストはこちら

佐賀の医学

佐賀藩の医学史をひもとくと、嘉永4年(1851年)には医師開業のための試験「医業免札制度」を実施。

また、安政5年(1858年)には医学校・好生館を設立し西洋医学の研鑽に努めるなど、全国でも最先端の取り組みを行っていました。

佐賀の発展は、医学の発展と共にあります。

過去から現在まで、綿々と繋がる医人たちの業績をたどってみませんか。本館2階にて現在、展示を行っております。

ぜひ、お立ち寄りください。

展示されている本のリストはこちら

 

没後150年 江藤新平

 

「維新の十傑」や「佐賀の七賢人」と称される偉人・江藤新平は、今年没後150年を迎えます。

「人民のために」という信念を貫き現在にまでつながる日本の礎を築きながらも、佐賀戦争により若くして非業の最期を迎えた明治の稀才・江藤新平。

その功績と生涯を、佐賀県立図書館の資料と共に振り返ります。

 

展示されている本のリストはこちら

 

 

世界一を読む

 

「世界一の〇〇」といえば、皆さんは何を思いつきますか?世界にはいろいろな「世界一」があります。

今回は「世界一」にまつわる本たちを集めました。

 展示されている本のリストはこちら